fc2ブログ

プロフィール

のじさん

Author:のじさん
200坪の菜園に100種類の野菜を育てる。畑の一画に秘密基地を作ってにわとりや金魚、メダカを育てている。冬には薪ストーブを燃やして暖を取り、コーヒーを飲む。都会に近い所で田舎風の暮らしを求めて、定年後の余暇時間を楽しんでいる。そんなライフスタイルの情報を発信していきます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

藍染めの原材料を集める

妻の趣味の一つに「藍染め」がある。
 
生葉を使って染めたり、藍染め用の染料を使ったりして、染める。 
 
生葉は、毎年種から畑で育てる。
それは、私が協力している。
 
 
藍染めに使う生地を探すのもまた趣味のうちである。
 
生地は、ストールとして市販されているものを、藍色に染めるのである。
 
生地の種類は、「シルク」と「ウール」と「木綿」である。
 
その中でも「シルク」が良い。次に「ウール」、そして「木綿」の順だ。
 
 
こちらの生地は、「ウール」である。
しかも定価が3980円であった。
 
その値段では、買わない。
高すぎる。
1枚が1000円以下でないと、買わないことにしている。
 
つまり、格安の商品であったわけだ。
 
「掘り出し物」をお店を回って、見つけ出すのが楽しいらしい。
 
 

 
 

 
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
「ウール」100%とある。
化繊でも染まらないこともないが、綺麗には染まらない。
「ウール」60%、「化繊」40%などという生地は、染まるができばえが今一だ。
 
 

 
 

 
 
 
こちらの生地は「ウール」であって、定価が4980円である。 
 
もちろん購入価格は、上と同じ値段で、1000円以下である。
 
色がやや濃いので、藍液で染め上げると、濃い藍色になる。
濃い色の好きな方には、喜ばれる。
 
 
 

 
 
 

 
 
 
 
 
 こちらの生地は、同じく「ウール」であるが、定価が5145円となっている。
もちろん、こちらも上の生地と同じで、購入価格は1000円以下である。
 
 
原材料の購入価格を1000円以下に抑えるのには、訳がある。
一年に何回か、藍染めをやっていると、作品がたまってくるのである。
そして、最初のうちは、できた作品を友だちにプレゼントしていたが、ほとんどの友だちにあげてしまったので、たまる一方である。
 
そこで、フリーマーケットに出品したことがある。
しかし、フリーマーケットの商品の値段は、50円と100円である。
2000円とか3000円のものは、たとえ手作りの作品でも買う人がいない。
 
それで、1枚1000円で販売したところ、フリーマーケットに出店していた方が、安いと言って10枚ぐらい買ってくれた。
 
それから、たまった作品を売りに出すときには1000円とか2000円という値段で、売ることにしている。
 
そのためには、原価割れしないように、いいものを安く手に入れることが絶対の条件となる。
 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
こちらが、実際に藍液で染めたものである。
画像の生地は、「シルク」の生葉染めである。
 
 
 

 
 
 
 
スポンサーサイト



<< みみ元気、今日ものんびり | ホーム | ネコタワー もう一つのお気に入り >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム