fc2ブログ

プロフィール

のじさん

Author:のじさん
200坪の菜園に100種類の野菜を育てる。畑の一画に秘密基地を作ってにわとりや金魚、メダカを育てている。冬には薪ストーブを燃やして暖を取り、コーヒーを飲む。都会に近い所で田舎風の暮らしを求めて、定年後の余暇時間を楽しんでいる。そんなライフスタイルの情報を発信していきます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

作り話は面白い 「がばいばあちゃん」

島田洋七「がばいばあちゃん」が佐賀から大ひんしゅく [芸能人]
 

 
「がばいばあちゃん」がシリーズ累計500万部を突破。
 著者の島田洋七(57)は、「童貞のがばいばあちゃん」で3~4億円は稼いだと言われている。
そんな「がばいばあちゃん」に、地元佐賀で大ブーイングが起きているらしい。

あの話は8割はウソ、2割は作り話って…。

 空前のベストセラー「がばいばあちゃん」は、ここ5年間にシリーズで累計500万部を超え、映画は70万人を動員。
テレビドラマ化もされる大ブームに。

 著者の島田洋七には講演会が殺到し、すでに3500回を超えたほど。
この著書は、91歳で他界した祖母と明るい極貧生活の中で、人生にとって本当に大切なことを学んだという、笑いあり涙ありの洋七の自伝。
 多くの人から絶賛されてきた本だが、実は地元からはバッシングされているというから意外だ。

 洋七の同級生の話。

 「洋七のいうことには首を傾げることが多い。そもそも小中学生のころ、彼は祖母と一緒に暮らしていなかったんじゃないかという人もいますよ」
 洋七の事務所は、「一緒に住んでいた」と断言。
 地元住人の中には「どれくらいの時期かわからないが、一緒に住んでいましたよ」という意見も。

しかし、別の同級生からはこんな話も。

 「真っ赤なウソというわけではないけれど、当時の様子も、おばあちゃんの暮らしぶりもあまりにも大げさすぎるんですよ」
また洋七の中学生時代の恩師は、「がばいばあちゃん」の初版から実名で登場した人物。その彼が「実名まで出して、あまりにも事実と違うことが描かれていたので、迷惑な反響も大きかった」と告白している。

 洋七がこの恩師の自宅の表札を盗んだり、自転車を分解したなどのイタズラをしたことが描かれていたのだが…。
その恩師は出版元に抗議し、逆援の自宅にも連絡したという。
そのために、重版分からは、指摘された部分は削除されている。

さらには、「がばい~」のこの部分も物議をかもしているらしい。
 
市場があった上流から落ちた大根、キュウリ、トマトなどの野菜が流れてきて、貧しい一家の食卓を飾ったという部分。
 近所住人の話。
 「でも、上流には野菜市場なんてなかった。川で何かを拾っていたかは知らんけど、昔はみんな貧しいし、野菜は高級品。そんなものを間違っても流すはずはない」
この流れてきた野菜については洋七本人がテレビ番組で語っている。

 
別の同級生はまたこのように声を荒げる。

 「(洋七)本人が“あの話は8割ウソ、2割は作り話”と笑って話していたくらいです。自伝的小説とは言っているみたいですけどね、最初からフィクションと断っているのなら文句はないし、いい話で済んだのに…。それを自伝と言い、先生や同級生まで巻き込んでいるから、みんな話が違うだろうとも言いたくなるんです」

 洋七は、佐賀に約250坪の敷地に「がばい御殿」を建てたという。
 昨年の秋には敷地内に白壁3階建ての新棟を増築。
 地元佐賀ではブーイングの嵐が起きているらしいが、「がばい」バブルはまだまだ続きそうだ。』
 
 
 
 
昔は、みんな貧乏だった。
「がばいばあちゃん」に似たような人物は、日本中どこにも存在しただろう。
作り話だとわかっていても、どこか共感する部分がある。
 
この話しが大ヒットしたのは、漫才師として一世を風靡した後、一旦は芸能活動を休止し、再びタレントや作家として活躍するようになった彼の芸能人生と芸人としての天性によるものだと思う。
 
 
 
貧乏だけを売りにしたのでは、長続きはしない。
 
 
 

故上原美優 家の中でもカッパを着て寝たり、カッパを着てご飯を食べていた
 
家は雨漏りがひどくて家の中でカッパを着て寝たり、カッパを着てご飯を食べたりしていたらしい・・・10人も兄弟がいたら家計的にも大変だよね(゚д゚)
 
 
 
 

黒田有 貧乏のあまり母親に2度捨てられた
 
 父親が莫大な借金を残して失踪した事に悲観した母親は彼を神社に捨てたらしい・・・長兄が救出したのが1回目。2回目は、小学3年生の時に八戸ノ里駅(東大阪市・近鉄奈良線)近くの高架下に捨てられ、再び長兄が発見して連れ戻したんですって!(゚д゚)黒田さんはそれを23才で知り、ショックで2日間泣き続けたそう・・・(゜-゜)
 
 
 

宇都宮まき 甘いものが欲しくなると、おやつ代わりにツツジの蜜を吸った

平成の貧乏女王とも言われる、お笑い芸人の宇都宮まきさん。ツツジって蜜が出るの?(゚д゚)他にも、筆箱代わりにビニール袋に鉛筆を入れていたらしいです(>_<)
 
 
 

中川家 風呂が家に無く、玄関に流しからお湯を引っ張って家族全員風呂として体を洗っていた

玄関をお風呂の代わりに使ってたって・・・排水はどうしたの?(゚д゚)
 
 

熊谷岳大 初めて遭遇した茶碗蒸しを、あったかいプリンだと思ってしまった

修学旅行先で出た茶碗蒸しを「ここの旅館、なんだよ!あったかいよ、プリンが!」と言ってしまい、その日からあだ名が「茶碗蒸し」になったそうです。茶碗蒸しの存在を知らなかったらしい・・・(゚д゚)!
 
 
 

大溝清人 家は米軍基地の跡地に建ったほったて小屋

祖母と一緒に暮らしていた清人さんの家は、米軍基地の跡地に建ったほったて小屋。大きすぎる家の隙間から猫やら落ち葉やらが入ってきてたらしい・・・落ち葉ってある程度大きい隙間じゃないと入ってこないよね(゚д゚)
 
 
 

小堀裕之 父親が母親から40万円で引き取った
 
小堀さんの祖父が議員さんの名家だったが、ドラ息子の父が財産を食いつぶして没落。父は二度、母も一度自己破産していて、両親はそれぞれ浮気したあげく離婚。一度は母方の姓=種村になった小堀さんだったが、一人っ子だったので小堀家の跡継ぎとして、「40万円」で父と浮気相手の住む実家に引き戻される・・・超ハード(゚д゚)!40万円って・・・(。_。)
 
 

河本準一 風邪をひいても、栄養をつけさせるわけじゃなく体力を消耗させないように、「じっとしていなさい」と母親に言われた

小学校3年の時に両親が離婚し、それから極貧生活が始まったみたいです(゚д゚)じっとしてるっていうのは合理的な考えかも(゜-゜)
 
 
 

田村裕 公園の土管の中に住み、雑草やダンボールを食べていた

ホームレス中学生は衝撃的でした!(゚д゚)世の中には色んな人がいるんだねぇ~(◎-◎)
 
 
 
 

後藤輝基 子供の頃クリスマスプレゼントが図書館から借りて来た本だった。2日後に返しに行った
 
本を買ってきたんだったらわかるけど・・・借りてくるって!(゚д゚)自分で返しに行った所が悲しい(。_。)
 
 
 

城島茂 自宅の裏にある畑から菊の花をとってきて、おひたしにして食べていた

母子家庭に育って幼少時代は貧しかったみたい・・・菊の花をまとめて食べるのは辛そうだね(゚д゚)(。_。)
 
 
 

麻生久美子 子供のころのごちそうはパンの耳で釣ったザリガニ
 
ザリガニは甘エビと同じ味がして美味しかったらしい・・・パンの耳でザリガニって釣れるんだね(゜-゜)』
 
 
スポンサーサイト



<< みみ 冬の行動 | ホーム | ワーキングプアーの世界にもいじめがある >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム