fc2ブログ

プロフィール

のじさん

Author:のじさん
200坪の菜園に100種類の野菜を育てる。畑の一画に秘密基地を作ってにわとりや金魚、メダカを育てている。冬には薪ストーブを燃やして暖を取り、コーヒーを飲む。都会に近い所で田舎風の暮らしを求めて、定年後の余暇時間を楽しんでいる。そんなライフスタイルの情報を発信していきます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

桐生9秒87は「追い風1・5mでも9秒台」

読売新聞 3月30日(月)7時52分配信 
 

『 【オースティン(米テキサス州)=田中潤】陸上の男子100メートルで桐生祥秀(よしひで)選手(19)(東洋大)が、米テキサス州での競技会で3・3メートルの追い風参考記録ながら9秒87の快記録で走った。

  陸上競技の記録を分析する専門家によると、公認ギリギリの追い風2・0メートルなら9秒96に相当するという。今季初戦で海外の強豪にも競り勝ち、日本勢初の9秒台突入へ大きな弾みをつけた。

 
 1メートル75、69キロの桐生選手は鋭いスタートから中盤でトップに立つと、左隣で2012年ロンドン五輪5位のライアン・ベイリー選手(米)を0秒02上回って1着でゴール。電光掲示板の記録を見ると跳び上がって右手でガッツポーズ。「びっくりした。参考記録でも9秒台を体感できた。帰ったら(9秒台を)期待されると思うので、しっかり走りたい」と笑顔を見せた。

  追い風2・0メートルを超えた記録は公認されないが、電気計時で日本勢の9秒台は初めて。手動計時では1995年に伊藤喜剛(よしたか)選手が追い風9・3メートルで9秒8を出していた。

  国際陸上競技統計者協会会員の野口純正さんの研究によると、追い風3・3メートルでの9秒87は、追い風2・0メートルなら9秒96に相当し、追い風1・5メートルでも9秒99が出た計算になるという。

 
 10秒00の日本記録を持つ伊東浩司さん(45)は「素晴らしいの一言。

追い風でも9秒8台はとてつもない。

期待されている局面(9秒台)はあっさり訪れるのでは」と、自身の記録が破られる日が近いことを予想した。』
.










伊東浩司                                                                                  朝原宣治

1. 10秒00伊東浩司1998年12月13日

2. 10秒01桐生祥秀2013年4月29日
3. 10秒02朝原宣治2001年7月13日
4. 10秒03末續慎吾2003年5月5日
5. 10秒07江里口匡史2009年6月28日

6. 10秒07山縣亮太2012年8月4日
7. 10秒09塚原直貴2009年6月27日
8. 10秒11川畑伸吾2000年9月2日
9. 10秒13田島宣弘2002年5月6日

10. 10秒13高瀬慧2014年4月29日




末續慎吾

追い風3,3mというのは、そよそよと吹いている風のような感じである。
けっして、びゅーっと吹く風ではない。

9秒87という記録は、もの凄い記録である。

昔の手動記録で言えば、0秒24引いた記録となる。
すなわち9秒6という数字になる。

東京オリンピックの100m選手の飯島選手の当時の日本記録は10秒1である。
電気計時に換算すれば、10秒34と言うことになる。
東京オリンピックで優勝したボブ・ヘイズの記録が9秒9であった。

風がどんなに吹いても、9秒6と言う記録はまぐれでは出ない。
すなわち、桐生選手は確実に9秒台の記録を出せる力がついているという証明だ。

怪我さえしなければ、今年中に9秒台の日本記録誕生となるだろう。
その日は何時か!

非常に楽しみである。






スポンサーサイト



<< 巣立ちの季節  | ホーム | 畑の一角にある花壇 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム