fc2ブログ

プロフィール

のじさん

Author:のじさん
200坪の菜園に100種類の野菜を育てる。畑の一画に秘密基地を作ってにわとりや金魚、メダカを育てている。冬には薪ストーブを燃やして暖を取り、コーヒーを飲む。都会に近い所で田舎風の暮らしを求めて、定年後の余暇時間を楽しんでいる。そんなライフスタイルの情報を発信していきます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

4月24日 我が家の花壇 サクラソウ

我が家の花壇の花色が賑やかになってきた。

花を観賞する時に、全体を観て楽しむ人。
花の種類を見て楽しむ人。
一つの花の変異を楽しむ人。

花の楽しみ方は人それぞれ。

私は、一つの花の変異を楽しむのが好きである。

妻の楽しみ方は、全体を楽しむ楽しみ方である。
いつも考えていることは、レイアウトであろう。
どの花を、どの位置にしようか。
また、高さをどうするか。
花の色の配置をどうするか。

重い鉢を、あっちへ移動したり、こっちへ戻したり。
夜になると、腰が痛い、肩が痛いと
昼間のお仕事のアピールをすることとなる。




上記画像の中央最前列の花
一鉢を拡大してみると、また美しさの感動が違う。

「この花、とても素敵ね。名前は、なんて言うの?」
「アルメリアですよ。」

通りがかったご婦人との会話である。





玄関脇のやや目立たないところに、サクラソウの集団が置かれている。
全体として見ると、余り綺麗ではない。

ところがサクラソウは、変異を楽しむ花の一種である。
大昔から、趣味家の間で、ほんの少しの花の違いを楽しんできた歴史がある。

花色の変化    赤紫 ピンク 白 咲き分け
花の形の変化  花形 一重 八重 





サクラソウの花の変異を楽しむ

      普通種               表は白、裏は紫

     


     白色               上の花のまわりがぎざぎざ

      



    青みがかった花色          賑やかな八重咲き

       


大昔の趣味家は、ほんの少しの花の変化で、大騒ぎした。
そして、高額な値段で取引が行われた。

今では、ジョイフルホンダで格安で売られている。
昔、一番高かった花がたくさん並ぶ。
趣味家から手に入れたものを、専門の業者が大量生産する。

みんなに行き渡った時に、趣味の世界は終わりを告げる。



まるで株の世界のように、

頂点まで上がった株価が、やがて暴落するように。



スポンサーサイト



<< 妻の知り合いの家の黄色いツツジ | ホーム | ブルーベリーの花 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム