fc2ブログ

プロフィール

のじさん

Author:のじさん
200坪の菜園に100種類の野菜を育てる。畑の一画に秘密基地を作ってにわとりや金魚、メダカを育てている。冬には薪ストーブを燃やして暖を取り、コーヒーを飲む。都会に近い所で田舎風の暮らしを求めて、定年後の余暇時間を楽しんでいる。そんなライフスタイルの情報を発信していきます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

世界有数の長寿国 日本の未来は?

                    2016530()80分配信 CIRCL
 
『世界でも有数の長寿国である日本。日本人の平均寿命は年々伸びている。しかし、日本人の平均寿命が長くなったのは、長い歴史から見ればつい最近のことだ。
 
 今回は、歴史をさかのぼりながら、私たち日本人の平均寿命の変化について見て行こう。
 
□過去の日本人の平均寿命の変遷 ~縄文時代~

 

 農耕民族である日本人が、まだ狩猟で食べ物を獲得していた縄文時代。出土された当時のものとされる骨の分析によれば、日本人の寿命は推定15歳だったという。
 
 まだ定住をしておらず、飢餓などが大きな死因とされている。


 
□過去の日本人の平均寿命の変遷 ~飛鳥時代から江戸時代~
 



 稲作が始まって、人々が定住するようになった飛鳥時代には、平均寿命が30歳になる。
 

 しかし、中国やその他の国との交流が始まったことで伝染病が広まった。現代のような医療に関する知識や技術はないので、人々は神仏に健康を祈る時代がしばらく続いた。




 
 江戸時代に入り、オランダなどヨーロッパとの交流も始まり、西洋医学が導入されると、人々の平均寿命は45歳となった
 



□終戦後からぐんぐん伸びた日本の平均寿命
 
 世界的に見ても、平均寿命が長いと言われる日本だが、実は戦後で日本の平均寿命は男性が50歳、女性が54歳だった。
 




 戦争が終わって社会情勢が安定し、経済成長により栄養状態も良くなったため、日本人の平均寿命は年々伸びていった。医療技術や予防医学も発達し、2015年、日本人の平均寿命は女性が87歳で世界1位、男性が80歳で世界8位となり、世界有数の長寿国となった。』


約1万年前の縄文時代の日本人の平均寿命は15歳だったと言う。
それから約8000年後の飛鳥時代には、平均寿命は30歳になった。
さらに時代は進んで江戸時代には、45歳となった。

戦後の昭和22年には、男性50歳、女性54歳の平均寿命となった。

戦争に負けた日本は、平和な時代が続き70年たった現在では、女性は世界1位の平均寿命となった。

さて、あと50年後の日本は、どんな社会になっているのだろうか。
平均寿命が100歳を超えてしまう老人大国になってしまうのか。
あるいは、貧乏老人が巷にあふれて、大量死してしまうのだろうか。

今までに日本が経験したことも無い超高齢化社会。
ぼけ老人と病人が巷にあふれかえっているのだろうか。
















スポンサーサイト



<< なぜ未来予測を求める声が日本企業の中で高まっているのか | ホーム | ミニゴルフ練習場のその後 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム