fc2ブログ

プロフィール

のじさん

Author:のじさん
200坪の菜園に100種類の野菜を育てる。畑の一画に秘密基地を作ってにわとりや金魚、メダカを育てている。冬には薪ストーブを燃やして暖を取り、コーヒーを飲む。都会に近い所で田舎風の暮らしを求めて、定年後の余暇時間を楽しんでいる。そんなライフスタイルの情報を発信していきます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

今年の人参は塩害にあってひどい状態

友人の畑の人参である。
2日間かけて朝1時間程度草取りをした。
友人が腰を痛めてしまって調子が悪いことと、私の人参が失敗してしまったので、頂く都合があるので、お手伝いをしたのである。

台風の塩害で、半分以上被害に遭った友人の人参



反対側からの画像 




草かニンジンかわからない私の畑




※追記事   草を取って逆側からの画像
約50株ぐらいは育っている。



毎年立派なニンジンを作る大先輩の人参も、塩害にあった。


間引き大根と大和真菜

間引き大根である。
開いた所に後から蒔いたものが大きく育っていた。
今年は一気に間引いたので、あまり食べる機会が無かった。





大和真菜である。
春先に作ったが、早すぎてトウ立ちしてしまった。
初めて食べる野菜である。
まずは、お浸しにして食べて見ようと思っている。



ダイコンが元気に育っている

畑の周りは山に囲まれている。
周りに生えている樫の木の葉が、塩害で枯れ落ちるほどだった。
しかし、地べたにはりついている大根は、どうやら塩害から逃れたようだ。




沢庵大根が2条。
そして、青首大根と大蔵大根が1条ずつ植えてある。

昨年は、播種時期をずらして段階的栽培を試みた。
しかし、真冬には成長が止まってしまって上手く行かなかった。

偶然に、隣の教え子の畑に太くなった青首大根が、収穫しないでほとんど放置状態だった。
2月末の頃だった。
普通なら、霜げてしまって中身がグズグズになってしまう。
ところが1本頂いて、包丁で切ってみたら何でもなかった。
きっと太かったので糖分をたくさん蓄え、寒風にも耐えたのだろうと思った。

そこで今年は、大蔵大根を作ってみた。
太く育てて3月頃まで持たせようと考えている。




大蔵大根






ダイコンの間引きと草取り

ダイコンを植えた所が、草で一杯になっていた。
間引きもしなければならない。





午前中2時間以上かかってようやく草取りと土寄せ、間引きが終わった。

    大蔵大根                           青首大根










沢庵大根は2列作付けした。


沢庵大根の種は、今年の春に採種したものである。
青首大根も採種しようとしたが、細いものだったので途中で腐ってしまった。
しっかりした良い大根で採種すべきだった。
今年は3種類、採種しようと思っている。

沢庵大根




トンネルに防虫ネットを被せて終了




間引きダイコンは美味しい


ダイコンの芽が出た。

ダイコンが発芽した。
3、4粒蒔いた。




ほぼ発芽したようだ。




タクワン大根2列、青首、大蔵大根の3種類4列である。





| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ